静脈内沈静法

測定器

静脈内鎮静法とは意識を失わせることなく、不安感や緊張を和らげる方法です。
点滴から、鎮静薬を注入します。

静脈内鎮静法に使用する薬には健忘効果があり、治療中のことは忘れてしまいますが鎮痛効果はないため、局所麻酔薬の併用が必要になります。

事前にモニター(心電図、血圧計、SPO2モニター等)で管理し、状態を確認しながら腕の静脈から鎮静効果が現れるまで、ゆっくりと薬を注入していきます。鎮静効果が現れたら治療を開始します。

処置終了後、思考が明瞭になり、運動機能にも問題が無いことを確認してから帰宅してもらいます。
ただし、車の運転中に意識を喪失することがあっては危険なため、行き帰りの交通手段はマイカー以外にする必要があります。